安全への取り組み

平成31年度 「南多摩運送株式会社」 の安全輸送に係わる取り組み等について

当社における、今年度(平成31年4月1日から平成32年3月31日まで)の「安全輸送」に係わる取り組みについて、
昨年実施した事による効果や反省点をチェックし、改善ポイントを整理した総括の結果、次の様に実施することといたしましたので、ここに公表いたします。

「安全輸送」に係わる取り組み

事故防止の為の安全方針

スローガン安全意識を高め、事故・クレーム ゼロを達成しよう!
基本方針
  1. 企業の社会的責任に応える
  2. 環境に配慮したエコドライブ運転の励行
  3. 乗務員とのコミニケーション推進による運転マナーのレベルアップ
  4. 各種乗務員研修の継続実施による安全意識のレベルアップ
  5. 輸送品質向上会議及び各社・各部 職場安全会議の継続実施による安全情報の共有

社内への周知方法 (安全に係わる情報交換方法)

全社員に「2019年度 南多摩運送株式会社行動指針」を配布
平成31年4月に安全衛生事故防止対策委員会を開催、部門ごとの取組みを決定して文書にて回覧
輸送品質向上会議等の会議 / 朝礼・夕礼 / 社内回覧 / 掲示板 等で周知徹底する

安全方針に基づく目標

平成31年度 「自動車事故報告規則」に定める事故惹起目標 “0”ゼロ

目標達成の為の計画 (順不同)

  • 運輸安全マネジメントの継続推進
  • 安全衛生事故防止対策委員会の開催
  • 無事故マラソンの実施
  • 春・秋の交通安全運動強化月間の開催
  • 年末・年始交通安全キャンペーンの実施
  • 構内パトロールの実施
  • 輸送品質向上会議の実施
  • 新人・中堅乗務員研修会の実施
  • 職場安全会議の実施
  • 定期健康診断の実施
  • エコドライブ研修会の実施
  • 安全部会毎の安全講習会の実施

「安全目標達成状況・事故情報」について

安全に関する目標達成状況

平成29年度「自動車事故報告規則」で定める事故惹起実績は “0”ゼロ よって 目標100%達成。

平成30年度「自動車事故報告規則」で定める事故惹起実績は “0”ゼロ よって 目標100%達成。

事故に関する情報

平成29年度「自動車事故報告規則」で定める事故惹起はありませんでした。

平成30年度「自動車事故報告規則」で定める事故惹起はありませんでした。

輸送の安全の為に講じた措置及び講じようとする措置

・警視庁交通部主催セーフティドライバーコンテスト参加
・デジタルタコメーター・・ドライブレコーダーの装着 100%
・AEBS付車両の導入(マイクロバス2両)
・脳MRI健診を受診 平成30年12月に受診しました。診断の結果として、受診者全員が「異常なし」と認められました。
・SAS睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査受診 平成30年12月に受診しました。診断の結果として、全受診者が「異常なし」と認められました。

貸切バス事業者安全性評価認定制度

「貸切バス事業者安全性評価認定制度」について

公益社団法人日本バス協会WEBサイトをご覧ください。
http://www.bus.or.jp/safety/about.html

貨物自動車運送事業安全性評価事業

公益社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。